有機化学 川面研究室

生物活性物質や機能性材料の効率的な合成には,新しい有機合成反応の開発や複雑な立体化学の制御方法の開発が求められます。当研究室では,遷移金属錯体を触媒として用いた新しい有機合成反応や立体選択的反応の開発を行っています。

研究テーマ

立体選択的クロスカップリング反応の開発

遷移金属触媒によるクロスカップリング反応は最も重要かつ有用な有機合成反応の一つとして知られています。その一方で,クロスカップリング反応を実用的利用においてはエナンチオ選択性,位置選択性あるいはジアステレオ選択性など様々な立体選択の制御が要求される場合が少なくありません。そこで我々の研究室では「立体化学の制御」を念頭においた様々なクロスカップリング反応の開発を行っており,例えばルテニウム触媒による位置選択的アリル位アルキル化反応や,イリジウム触媒によるオキサゾリノン誘導体の立体選択的合成を報告しています。

立体選択的クロスカップリング反応の開発

有機化合物のフッ素化反応と含フッ素化合物の反応開発

フッ素原子を有する有機化合物は医薬品や機能材料として重要であり,その重要性は今後ますます大きくなる事が予想されます。しかし,既存の遷移金属触媒反応は含フッ素化合物やフッ素化反応剤に対して通常とは異なる触媒活性や立体選択性を示す場合が少なくありません。そこで我々の研究室では含フッ素化合物に対する遷移金属触媒反応の開発と検討を行い,様々な含フッ素化合物の分子変換反応を見出す事に成功しています。

有機化合物のフッ素化反応と含フッ素化合物の反応開発

生物活性物質や機能性材料の合成を指向した有機反応の開発

様々な生物活性物質や機能材料の合成において有機合成反応は欠くことのできないものの一つです。その中でも遷移金属触媒を用いた有機合成反応はその反応効率などの点からも非常に注目されています。我々の研究室では新しい立体選択的な金属触媒反応を開発するだけではなく,立体選択的に得られた生成物を抗腫瘍活性物質や非天然のアミノ酸誘導体などへ変換する事にも成功しています。

生物活性物質や機能性材料の合成を指向した有機反応の開発

STAFF

川面 基
教授 川面 基 Motoi Kawatsura
Email kawatsur chs.nihon-u.ac.jp
Office 本館 7階 07060室(化学701室)
研究室HP http://kawatsura.sakura.ne.jp/
研究業績等 http://kenkyu-web.cin.nihon-u.ac.jp/Profiles/97/0009687/profile.html
1992年 北海道大学理学部化学科卒業
1995年 北海道大学大学院地球環境科学研究科物質環境化学専攻修了
1998年 京都大学大学院理学研究科化学専攻博士後期課程修了.博士(理学)取得
1998年 Yale大学・化学科 博士研究員
2000年 Merck Research Laboratories (Senior Research Chemist)
2002年 京都薬科大学薬学部 助手
2005年 鳥取大学工学部 助教授
2012年 日本大学文理学部 教授

所属学会
日本化学会,有機合成化学協会,日本薬学会,アメリカ化学会

辻 裕章
助教 辻 裕章 Hiroaki Tsuji
Email tsuji chs.nihon-u.ac.jp
Office 本館 7階 07050室(化学702室)
研究室HP http://kawatsura.sakura.ne.jp/
研究業績等 http://kenkyu-web.cin.nihon-u.ac.jp/Profiles/141/0014017/profile.html
2010年 鳥取大学工学部物質工学科(伊藤敏幸教授)卒業
2012年 鳥取大学大学院工学研究科化学・生物応用工学専攻博士前期課程(伊藤敏幸教授)修了
2015年 総合研究大学院大学(総研大)物理科学研究科 機能分子科学専攻 博士課程(魚住泰広教授)単位取得満期退学
2015年 中部大学分子性触媒研究センター 博士研究員(山本尚教授)
2015年 博士(理学)取得 総合研究大学院大学(総研大)
2016年 中部大学分子性触媒研究センター 博士研究員(特任助教)(山本尚教授)
2017年 日本大学文理学部化学科 助教

所属学会
日本化学会,有機合成化学協会