日本大学英文学会  

月例会報告

*2017年度   *2016年度   *2015年度   *2014年度   *2013年度   *2012年度   *2011年度  

*2010年度   *2009年度   *2008年度   *2007年度   *2006年度   *2005年度

*2018年度

4月例会

日  時:2018年4月14日(土)14時~
場  所:文理学部3号館3階3504教室
司  会:吉良 文孝(文理学部教授)
研究発表:1.知覚・使役動詞補文内部の準動詞とそのアスペクト特性について

日本大学人文学研究所研究協力員 村岡宗一郎

     2.Le Morte d’ArthurにおけるMerlinの役割

博士後期課程3年 小川 佳奈

     梗概はこちら

5月例会

日  時:2018年5月12日(土)14時~
場  所:文理学部3号館3階3304教室
司  会:飯田 啓治朗(文理学部教授)
研究発表: 1.中英語期におけるplease
        ―Penn-Helsinki Parsed Corpus of Middle English Second editionを資料として―
                                                                                                         文理学部講師 齊藤 雄介

                   2.『闘技士サムソン』におけるデリラの考察
                                                                                               松山大学特任准教授 野村   宗央

                  梗概はこちら

6月例会

日  時:2018年6月30日(土)午後2時より
場  所:文理学部図書館3階 オーバル・ホール
司  会:杉本 久美子(東北女子大学准教授)
研究発表:E.M. フォースター作「パンの神のお通り」における「病」について
                              博士後期課程2年 髙坂 徳子
     
梗概はこちら    

特別講演会

日  時:2018年6月30日(土)午後3時より
場  所:文理学部図書館3階 オーバル・ホール
司  会:高橋 利明(文理学部教授)
演  題:イギリス絵画の長い影 ――メルヴィルと漱石におよぶ危機の感覚
                           日本メルヴィル学会会長 牧野 有通
                梗概はこちら

9月イギリス文学シンポジウム

日  時:2018年9月22日(土)14時~
場  所:文理学部本館地下 センターホール
 ー  マ:過渡期の時代の作家たちーその芸術観を探る
コーディネーター:杉本 宏昭(国際関係学部准教授)
発  題  者:

     1.ハーディは真実を描けるのか

国際関係学部准教授 杉本 宏昭

     2.フォースターの館 時代から生まれ、時代を超えたもの

                            東北女子大学准教授 杉本 久美子

     3.「ひび割れ鏡」としての芸術 『ユリシーズ』再考

法学部専任講師 松山 博樹

     梗概はこちら

10月英語教育シンポジウム

日  時:2018年10月13日(土)14時~
場  所:文理学部図書館3階オーバル・ホール   
 ー  マ:中学校,高等学校,大学におけるアクティブラーニングの理論と実践
コーディネーター:隅田 朗彦(文理学部教授)
発  題  者:

1.アクティブラーニングとは:注目の背景と大学での実践   梗概

                                                                 文理学部教授 隅田 朗彦

2.自律学習者を育成するためのタスクデザインと実践 梗概

                                                                 文理学部助手 島本 慎一朗

3.『学び合い』で実践する 英語アクティブ・ラーニング 梗概

                                                         横浜翠陵中学・高等学校教諭 江村 直人

 

 







〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40
TEL  03-5317-9709  FAX 03-5317-9336 
英文学科事務室 :
inf-engl@chs.nihon-u.ac.jp / 日本大学英文学会 :esanu@chs.nihon-u.ac.jp