カリキュラム

カリキュラムの特徴

幅広い基礎力を養成

1,2年では、基本的・全般的な知識や技術を幅広く学ぶことができ、専門的学習に必要な基礎的能力を養成します。

演習・実習の重視

講義科目だけでなく、少人数制の演習や実験実習科目を多く開講しています。

自分で考える能力を磨く

3・4年次にはゼミに参加し、心理学の知識や方法を使って、考えていく能力を磨きます。

心理学科専門科目カリキュラム編成

1年次

心理学を構成する諸領域の基自主創造の基礎知識や基本的な方法論を身につける

2年次

心理学の研究法・測定法を学ぶとともに、心理学全般の知識を習得する

3年次

ゼミを選択し、それぞれの領域の専門的な知識・技能について学ぶ

4年次

ゼミや卒業論文に取り組み、専門的テーマを決めて探求する

心理学の基本的方法を学ぶ

  • 自主創造の基礎1
  • 自主創造の基礎2

心理学の基礎と方法論を学ぶ
(公認心理師対応科目を含む)

  • 心理学概論1
  • 心理学概論2
  • 心理学研究法
  • 臨床心理学概論
  • 行動心理学概論

心理学の方法論を学ぶ
(公認心理師対応科目を含む)

  • 心理調査概説
  • 心理的アセスメント

心理学の技法を習得する
(公認心理師対応科目を含む)

  • 心理学実験

心理学の技法を習得する(上級編)

  • 認知心理学実験
  • 生理心理学実験
  • 社会心理学実験・実習
  • 環境心理学実験・実習
  • 行動心理学実験・実習
  • 心理調査法実習
  • 心理検査法実習
  • 臨床心理学実習
  • (心理演習B)

データの分析手法を習得する(上級編)

  • 心理情報処理実習2

 

データの分析手法を学ぶ
(公認心理師対応科目と共通)

  • 心理学統計法1
  • 心理学統計法2

心理学研究を実践する

  • 心理学研究

心理学研究を実践する

  • 心理学ゼミ1
  • 心理学ゼミ2

(3,4年生合同授業)

心理学研究を実践する

  • 心理学ゼミ3
  • 心理学ゼミ4
  • 卒業論文

(3,4年生合同授業)

データの分析手法を習得する

  • 心理情報処理実習1

心理学全般の知識を学ぶ
(公認心理師対応科目と共通)

  • 神経・生理心理学
  • 学習・言語心理学
  • 知覚・認知心理学
  • 発達心理学
  • 社会・集団・家族心理学A(社会心理学)
  • 感情・人格心理学A(パーソナリティ心理)

心理学全般の知識を学ぶ
(公認心理師対応科目と共通)

  • 司法・犯罪心理学
  • 教育・学校心理学
  • 産業・組織心理学
  • 精神疾患とその治療
  • 社会・集団・家族心理学B(家族心理学)
  • 感情・人格心理学B(感情心理学)

心理学の専門的知識を学ぶ

  • 臨床心理学特講
  • カウンセリング特講
  • 心理面接特講
  • 心理検査法特講
  • 認知心理学特講
  • 社会心理学特講
  • 生理心理学特講
  • 環境心理学特講
  • 健康心理学特講
  • 臨床社会心理学特講
  • 老年心理学特講

 
 

公認心理師コース科目

 
  • 公認心理師の職責
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 障害者・障害児心理学

  • 心理演習A

  • 関係行政論A
  • 心理学的支援法A
  • 健康・医療心理学
  • 福祉心理学
  • 心理演習B

  • 関係行政論B
  • 心理学的支援法B

  • 心理実習(外部実習)

赤字科目は公認心理師資格取得のために必須の科目です。

公認心理師コースは、入学後、卒業に必要な科目の成績等に応じて、選考が行われます。

公認心理師の受験資格を得るためには、多くの科目の履修・単位取得が必要です。それだけ社会から高度な知識・技能と職務への真摯さを要求されている資格です。心理学について、深く学び、考え、研究しようという意欲のある方をお待ちしています。

ページのトップへ