心理科学コース

概要

心理科学コースのカリキュラムは科学的心理学を実践するための"研究の実践"、"専門的知識の獲得"、"研究発表"の三つの柱により、心理学の専門家としての高水準の知識とスキルを身につけることを目指します。

第1に"研究の実践"について、本学では認知心理学,生理心理学,社会心理学,環境心理学,健康心理学,発達心理学等について,基礎から応用まで多様なテーマについて研究指導を行っています。また,29室の実験・面接室を設けており、充実した実験室環境を実現しています。さらに、学術雑誌の所蔵数も多く、院生が気軽に必要な文献を手に入れることができます。研究の実践では教員の指導のもと、各領域における最先端の研究が行なわれています。これらの環境で,高度な心理学研究法を習得し,現実的な問題解決力を養います。

第2に"専門的知識の獲得"を目指して、本専攻は多彩な講義科目を開講しています。講義担当者は、専任教員を含め様々な領域で活躍している多くの研究者が担当し、最先端の知識に身近に触れることができます。また、大学院特別講義として、年に2回、他大学や海外の研究者を招聘しての講義が行なわれます。

第3に"研究発表"のスキルを獲得するために、大学院生全員と専任教員が参加する大学院研究発表会が年に複数回開催され、活発な討論が行なわれています。これにより、自らの研究をプレゼンテーションする経験とスキルを獲得することができます。また、学会発表に関しても交通費・宿泊費の支給などのサポート体制が整っており,大学院生の研究発表を全面的にバックアップします。

さらに、心理科学コースでは、平成31年度から公認心理師の受験資格取得に対応したカリキュラムを開講し、心理学の研究とともに公認心理師の資格取得が可能となります。

心理学専攻の博士前期課程心理科学コースの定員は10名です。前期課程での所定の単位を取得して、修士論文を作成し論文審査に合格すると、修士(心理学)の学位が授与されます。

日本大学の心理学研究室は我が国有数の歴史と規模を誇っており、これまでに多くの研究・教育機関に優れた人材を輩出しています。今後も心理学の発展、社会・福祉への貢献を目指して活発に教育・研究活動を行なっていきます。


開講科目

博士前期課程
開講科目

研究法

認知
生理・健康

社会・環境

発達・教育

臨床・応用

専門科目群

心理学研究法特論
心理統計法研究
臨床心理学
研究法特論
生理心理学特論
認知心理学特論
健康心理学特論


社会心理学特論
環境心理学特論
臨床社会心理学
特論
人格心理学特論
発達心理学特論
教育心理学特論
老年心理学特論
障害者・障害児
心理学特論
家族心理学特論
人間関係特論
精神医学特論2

公認心理師
科目群


講義・演習科目

実習科目
心理科学コース
公認心理師プログラム
履修者のみ受講可能
保健医療分野に
関する理論と
支援の展開
教育分野に
関する理論と
支援の展開
産業・労働分野に
関する理論と
支援の展開
福祉分野に
関する理論と
支援の展開
司法・犯罪分野に
関する理論と
支援の展開
(犯罪心理学特論)
家族関係・集団・
地域社会における
心理支援に関する
理論と実践
心の健康教育
に関する
理論と実践
心理的アセスメント
に関する
理論と実践
(心理アセスメント演習)
心理支援に関する
理論と実践
(心理支援演習)

心理実践実習C


心理実践
実習指導


教員

教授 厳島 行雄 認知心理学(記憶、目撃証言の心理学)
教授 岡  隆 社会心理学
准教授 齋藤 慶典 生理心理学
教授 坂本 真士 社会心理学
教授 内藤佳津雄 認知心理学
教授 羽生 和紀 環境心理学
准教授 松浦 隆信 臨床心理学
教授 依田 麻子 生理心理学(健康心理学)

ページのトップへ