教員・スタッフの紹介
岡田 和久教授
OKADA Kazuhisa
 
臨床心理学

専門

専門は臨床心理学です。これまで臨床心理士として、主に病院臨床や産業臨床(電話相談)などに従事してきました。そのような臨床現場でクライエントを支援していくにあたり、どのような技法が有効なのか、どんなコミュニケーションの取り方が効果的なのか、ということについて自問自答と試行錯誤を繰り返していたら、いつの間にか「ブリーフセラピー」の世界にたどり着いていました。「ブリーフセラピー」とは、臨床心理学の一分野はありますが、そこだけにとどまらず、心理学の枠組みを超えて、もっと広い学問領域による「ものの見方」から対人援助を考えていける、とても面白い領域です。一方、臨床現場で感じたいろいろな疑問を調べるために、最近はカウンセリングが中断する要因の検討を通して、クライエントのニーズに応えられる効果的なコミュニケーションの取り方を研究しています。また、質的研究についても強い関心を持っています。

担当授業

臨床心理学特講2、心理検査法実習1・2、心理検査法特講、など

ひとこと

皆さんの中には、カウンセラーのような対人援助専門職に関心を持っている方もいれば、一般就職を目指している方もいるでしょう。どんな目標であっても、この4年間の大学生活の中で、心理学の勉強はもちろんのこと、友人とたくさん語り合ったり、サークル活動に参加したり、アルバイトなどで社会経験を積みながら、社会貢献できる自分を成長させてもらいたいと思います。

ページのトップへ