有機合成化学 早川研究室

自然界には,人智には到底創造できない,ユニークな構造と興味深い生物活性を示す天然有機化合物(天然物)が存在します。しかし,このような天然物は極微量しか得られません.私達は,『稀少な天然物を,有機合成化学を駆使して人工的に作る研究(全合成研究)』を行っています。また,開発した全合成経路を活かして,『医薬品リード化合物や生命現象解明のため試薬となる生体機能分子の開発』を行っています。

研究テーマ

有用な生物活性を示す天然物の合成研究

私達は有用な生物活性を示す天然物であれば,構造にとらわれず,全合成にチャレンジしています。既存の反応が適用できない時には,反応開発も行っています。これまでに抗がん活性を示すアプリロニンAの効率的第二世代全合成,さまざまな生物活性を示す13−オキシインゲノール,細胞毒性物質であるビセライド類の全合成を達成しました。

天然物合成を起点とした生体機能分子の設計に関する研究

私達はこれまでに新規イソフラボンであるグラジオビアニンAの全合成を行いました。その全合成経路を用いて構造活性相関研究を行った結果,O6位にベンジル基を導入すると,がん細胞に対する細胞毒性とα/β−チューブリン重合阻害活性が著しく向上することを明らかにしました。一方,O7位にベンジル基を導入すると,これまでに例がないγ−チューブリン特異的阻害活性を示すことを見出し,『ガタスタチン』と命名しました。そこで有機合成化学を用いた構造最適化を進め,より活性を向上させた『ガタスタチンG2』を開発しました。ガタスタチンG2はγ−チューブリン特異的阻害剤として市販されています。その他にも天然物全合成を起点として,医薬品リード化合物や生命現象解明のため試薬となる生体機能分子の開発を進めています。

STAFF

早川 一郎
教授 早川 一郎 Ichiro Hayakawa
Email hayakawa.ichiro nihon-u.ac.jp(2021/08/23 メールアドレスが変わりました)
Office 本館 7階 07050室(化学702室)
研究室HP https://hayakawa-lab.com
研究業績等 http://kenkyu-web.cin.nihon-u.ac.jp/Profiles/169/0016827/profile.html
1996年 神奈川大学理学部化学科 卒業
1998年 静岡大学大学院理工学研究科化学専攻博士前期課程 修了
1998年 JSR株式会社 筑波研究所 研究員(2001年まで)
2004年 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)博士後期課程 修了,博士(理学)〔名古屋大学〕
2004年 筑波大学大学院数理物質科学研究科化学専攻 助手
2007年 筑波大学数理物質系化学域 助教
2014年 岡山大学大学院自然科学研究科応用化学専攻 准教授
2020年 日本大学文理学部化学科 教授

所属学会
日本化学会,有機合成化学協会,アメリカ化学会,日本薬学会,新規素材探索研究会,日本ケミカルバイオロジー学会,近畿化学協会